iPhoneの充電率が100%を超えたあとも電流は流れている?

 

画像
リチウムイオンバッテリーを搭載する電子機器の多くには、過充電防止回路が搭載されています。iPhoneにも搭載されているので、満充電(100%)到達後もケーブルを接続したまま放置しても、長時間放置しないかぎりバッテリーを劣化させる原因とはなりません。

iPhoneの充電率が100%を超えたあとも電流は流れているかという質問ですが、答えは「Yes」です。しかし、充電率が80%に近づいたあたりから電流は減少しはじめ、満充電直前にはごくわずかになります。iPhoneは満充電後、わずかに放電しその後充電というプロセスを繰り返すので、過充電になりにくくなっています。ただしゼロにはならないので、やはり接続したまま長時間放置することは禁物です。

iphone修理あいさぽ神戸三宮 
http://www.iphone-support.jp/tenpokobe/index.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中